ぜいたくレッドスムージーにも入っている乳酸菌に注目!

ぜいたくレッドスムージーにも入っている乳酸菌が万能だった件

 

ぜいたくレッドスムージーにもマルチ乳酸菌が9450億個も入っています。

 

乳酸菌というと、どのようなイメージがありますか?

 

便秘に効果がある!と、イメージされる方も多くいるかと思いますが、じつはそれだけではありません。

 

乳酸菌の効果は多岐にわたり、現在でもその効能を活かした食品が数多く発売されているんです。

 

日々注目が高まる乳酸菌ですが、効果については主に以下の3点が挙げられます。

 

整腸作用

まず1つ目は整腸作用です。

 

乳酸菌の中には、腸のぜん動運動が活発にするものや、生きたまま腸内に到達して腸内のpHを産生に傾けて悪玉菌を抑制する効果をもつものがあります。

 

このような効果によって腸内環境が改善され、便の回数や便の質が改善や便秘の改善も期待できます。

 

さらに腸内フローラのバランスを改善することで、悪玉菌がつくる発がん関連物質などの腐敗産物の量を減少させると考えられています。

 

抗アレルギー効果

2つ目にアレルギーに有効であることです。

 

腸で悪玉菌が多くなると、アレルギー症状が起こりやすくなります。

 

乳酸菌で腸内環境を改善し、悪玉菌の減少させることでアレルギーを引き起こす原因を抑制することにつながります。

 

そのため、症状の緩和を期待することができます。

 

また、善玉菌の中には菌のカラダ自体、または菌の作り出した物質に免疫調整作用を持つものがありこちらもアレルギー症状の緩和に繋がります。

 

善玉菌の働きによって腸管バリアシステムを健全に保つこともできます。

 

消化過程のタンパク質がカラダの中に侵入することを防ぎ、アレルギー発症の機会を減少させる効果も期待できます。

 

以上のような善玉菌の作用によりアレルギーの予防・改善が期待できます。

 

しかし、効果を表すには継続した摂取が必要とされているため日々ヨーグルトなどを食べ続ける必要があります。

 

 

美肌効果

3つ目は美肌効果があります。

 

乳酸菌により、肌における悪玉菌である黄色ブドウ球菌の増殖を抑制したり、これに伴う肌状態の悪化を抑制する効果があります。

 

また、乳酸菌の一種とみなされるは株ビフィズス菌は、株によってビタミンを生産する能力は違いますが、美肌にとって重要なビタミンB群やビタミンKを産生します。

 

ミネラルの吸収を促進する働きもあります。

 

また、腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると悪玉菌は毒素や有害ガスなどを産生し、こうした有害物質が腸の毛細血管から体内に入り、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルを引き起こします。

 

そのため、上記で述べたとおり整腸作用が肌トラブルの改善へと繋がります。

 

乳酸菌により体を内側から綺麗にしていくのです。

 

以上の通り様々な効果のある乳酸菌ですが、摂取した乳酸菌は腸管内に定着しづらく、摂取をやめると数日後には便とともに体外に排出されてしまいます。

 

長く体内に留まる事ができない為、継続する必要があります。


page top